プラセンタとは

プラセンタとは

プラセンタは英語で胎盤という意味です。

プラセンタとは

胎盤そのものではなく、胎盤に含まれている、
細胞の成長を促進する「成長因子(グロースファクター)」や、
その他の栄養素を抽出したものが、プラセンタエキスと呼ばれています。

プラセンタには、栄養成分だけではなく、細胞の分裂
を適切に行う成分が含まれていることがわかっています。
これを、「成長因子(グロースファクター)」といいます。

この成分は、もともとは胎児が子宮の中で驚異的な
成長を確実に行うために必要とされるものです。
細胞分裂により、新しい元気な細胞を作り出します。
また、末梢の毛細血管まで作り出すという研究結果もあります。

1930年代に、ソ連で負傷兵の治療にプラセンタの組織片が用いられたことが
世界的に話題になりました。

1940年代からは日本でも研究がさかんになり、1956年から更年期障害の治療薬と
してプラセンタが認可を受けました。

3エイジングリペア

プラセンタの歴史は古く、紀元前に、医学の父・ヒポクラテスも治療に
プラセンタを使ったと言われています。

クレオパトラ、秦の始皇帝、マリー・アントワネットなども
プラセンタを美容と若返りのために使ったそうです。

日本でも江戸時代から「昆元丹」という石川県で開発された不老長寿の薬に
プラセンタが含まれていました。

サプリメントについては、本サイトのプラセンタ人気ランキングにてランキング形式でご案内していますので、ご参照下さい。


One thought on “プラセンタとは

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website