プラセンタサプリの費用と効果 1番コストパフォーマンスいいのは

プラセンタサプリの費用と効果 1番コストパフォーマンスいいのは

各社のプラセンタサプリの費用と効果・アミノ酸の多いのどれか計算をしてみました。

クリックすると大きく見えます
↓   ↓
プラセンタ比較表
馬プラセンタは、豚の296倍のアミノ酸を持つと言われますので、
馬プラセンタ1gを豚プラセンタ296gに換算しています。

羊プラセンタのアミノ酸量が馬プラセンタと比べてどうかについてMF3-Japanに問い合わせたところ、
「羊も馬も生まれてくる時点での大きさはほぼ同じな為、羊プラセンタと、馬プラセンタの
アミノ酸濃度はあまり違いが無いと存じております。」とのお答えでしたので、馬と同じアミノ酸量と置きました。

結果としては、1円の費用に対して何㎎のアミノ酸量が摂取できるかを比較すると、
羊プラセンタが一番コストパフォーマンスが良いことになります。

馬プラセンタがそれに続き、豚プラセンタのプラセンタ100がそれに続きます。

豚プラセンタメーカーからは、馬と豚のアミノ酸量については
296倍もの差はない、という見解もあり、判断が難しいところです。

プラセンタ以外の栄養成分についても、各社の比較表にまとめました。

クリックすると大きく見えます
↓   ↓
プラセンタ以外の成分表

世の中に、一杯プラセンタサプリがありすぎて
どれを選んでいいかわからない?

トップページのサプリメントに関しては、どれを
選んでも間違いはないものを厳選して選びました。
この計算も参考にしていただければうれしいです。

サプリメントについては、本サイトのプラセンタ人気ランキングにてランキング形式でご案内していますので、ご参照下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website