マドンナも飲んでるプラセンタサプリメントMF3 (MFⅢ)の効果

マドンナも飲んでるプラセンタサプリメントMF3 (MFⅢ)の効果・スイスの豪華クリニックがセレブ向けに提供するサプリメントの底力とは

マドンナやエリザベステーラーなど世界のセレブも大絶賛しているプラセンタサプリが「MF3」です。

これから、どのプラセンタを飲もうかな?とお悩み中の方に役立つ情報として
プラセンタサプリメントMF3についてくわしく調べましたので、参考にして頂ければと思います。

プラセンタの効果を推しはかるとき、アミノ酸量に換算することがよく行われます。
(馬プラセンタは豚の296倍のアミノ酸量があるといったことです)

羊プラセンタMF3のアミノ酸の量に勝てるものはない、というのが結論です。
1日あたりのアミノ酸の摂取量は他と比べてもけた違いです。

羊プラセンタのアミノ酸量が馬と比べてどうかについてMF3-Japanに問い合わせたところ、

「羊も馬も生まれてくる時点での大きさは
ほぼ同じな為、羊プラセンタと、馬プラセンタの
アミノ酸濃度はあまり違いが無いと存じております。」との答えでした。

プラセンタの費用と効果のページで、プラセンタ量からアミノ酸量を計算していますが、
このご説明を受けて、羊プラセンタも馬と同様、豚の294倍のアミノ酸量であると置きました。
このように計算すると、やはりMF3がコストパフォーマンスで断トツとなります。

(各社が推奨する1回あたりに飲む粒数、1粒あたりのアミノ酸含有量がまちまちなので、
一粒あたり何円か、という見方では比較が出来ないので、コスト1円あたりのアミノ酸量(㎎)を計算しました。)


/ citrons_tw

しかし、羊プラセンタの中でもとりわけMF3の良さは、アミノ酸量(1円あたりのアミノ酸量=コストパフォーマンス)だけでは語り尽くせません。

羊プラセンタについて

なぜ羊なのか?

長年にわたる研究の結果、細胞ドナーとして羊が最適であることがわかりました。
羊は他の動物と比較して生命力がとても強く、
癌やエイズなどにかからない最高の免疫系を持っている為、
耐病性の点でも優れているということです。

また、羊のタンパク質はヒトの身体に対して適応性が高く、免疫反応を引き起こす恐れもありません。
羊のエキスを他の人体へ応用しても、アレルギー反応が生じる可能性は原則的にはほとんど無い
ということです。

プラセンタサプリMF3はすごい!

アンチエージング療法の母国スイスの豪華クリニックがセレブ向けに提供する
「活細胞(セル)セラピー」の技術が、初めてバイオテクノロジー技術によって
ソフトジェルカプセルとして一般的に利用できるようになり、
スイス独自の先進技術を自宅で手軽に体感できるようになったのがMF3です。

活細胞(セル)セラピーとは

スイスの医学博士ポール・ニーハンス博士の研究により誕生しました。
特別に飼育された動物の胎仔から生気に満ちた若い細胞をまだ生命力の残っているうちに、
受容者となるヒトに注射します。

胎仔細胞は 採取された場所に応じて体内を循環し、ヒトの臓器へと集まり、
活きた細胞はその機能 器官ごとに働きます。
これが活細胞セラピー(セルセラピー)です。

世界特許を持つこの技術は、スイスにある豪華クリニックでしか受けることが出来ません。
それでも、このセルセラピーを受けるために世界中から多くの人が集まるということです。

◆原材料の種類の品質管理

ニュージーランドはBSE(狂牛病)が全く発生していない世界で唯一の国です。
MF3は、ニュージーランド南島、公害と無縁な汚染されていない環境で育てられた羊が使用されています。

飼料や生育環境、健康状態などが厳重に管理された、世界トップレベルの品質と安全性を誇っています。
プラセンタの原料としては、世界トップクラスの原料であるといえます。

◆世界特許技術で抽出

世界特許を取得した技術「培養細胞法(セルカルチャー)」で、プラセンタエキスを抽出します。
※ この技術の保有国はスイスとドイツのみ、サプリメントではMF3のみです。

①高い代謝活性率(細胞の代謝を促す力)

・プラセンタの含有量が高いだけでなく、プラセンタの非常に高い代謝活性(新しい若い細胞を作る力)を
維持したままカプセル封入しています。

・羊の細胞を活性化した状態で精製する方法が用いられています
これにより、 アジア、国内製プラセンタサプリの約20倍以上である、
8000㎎相当(1カプセル中)のフレッシュプラセンタを含有しています。

②非加熱による無菌処理

加熱処理ではプラセンタの有効成分の多くが破壊されてしまうので
MF3は、加熱処理を行わず、特殊なろ過技術(スイスの工場での世界特許)
によって細菌やウイルスを除去し無菌化されているため、

プラセンタの有効成分が破壊されることなく高い安全性と
高い品質を両立させて製品化されています。

③細胞培養 – 高純度のプラセンタエキス・有効成分のみ抽出

原材料プラセンタエキスは、細胞培養という特許技術で抽出されています。
この抽出方法により、純度の高いエキスが使用されています。

◆高い消化吸収率

小腸で吸収するためのカプセル被包材のフィッシュゼラチンを通常の
サプリメントより厚く被ってあるため胃で消化されず小腸で溶解します。

◆純粋な栄養補助製品

化学物質を一切含んでいないので、薬品ではなく「サプリメント界のロールスロイス」と
世界中で呼ばれています。

◆成分

濃縮羊プラセンタ(胎盤)400mg(比率:10:1なので4000mg相当)
海洋性プロテイン200mg
ビタミンC(濃縮アセロラより抽出)120mg

プラセンタサプリメントMF3の口コミを読む

「やっぱりすごいですね~!スイスがプラセンタでは日本よりも一歩すすんでいるのではないでしょうか?」

数多くの著名人や大統領、またスイスの ワールドカップのメンバーもこの細胞療法を受けているということです。
今でもセレブリティー達は国籍を問わず、老化を防止する細胞療法に何百万円ものお金をかけ、

スイスやドイツなどの豪華クリニックを訪れているということですので
そんな高価かつ高等な技術を駆使し、スイスで開発されたのがMF3なのでちょっと
高いけどアミノ酸量といい高品質なサプリが手軽に試せるなんていいと思いいます。

私も将来お金に余裕ができたらマドンナも飲んでいる「サプリメント界のロールスロイス」を飲みたいですね。

アミノ酸の量はだけでもすごく多い結果になっているのでこちら↓もご参照ください。
プラセンタの費用と効果もご参照ください。



サプリメントについては、本サイトのプラセンタ人気ランキングにてランキング形式でご案内していますので、ご参照下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website