プラセンタ 100 効果でうるっとする美人に見えました

プラセンタ 100 効果で色っぽい感じに、うるっとする美人に見えました

プラセンタ 100は、5時に夢中の美人アナの内藤聡子さんも飲んでいます。
急に、彼女がきれいになったの事をマツコさんが突っ込んでましたが、
急に色っぽい感じに・・・うるっとする美人に見えました。

これから、どのプラセンタを飲もうかな?と悩み中の方に役立つ情報として
プラセンタ 100のメーカーの方に製造技術、品質へのこだわりについて、
お話を聞く機会がありましたので、選ぶ際の参考にして頂ければと思います。

トリミングプラセンタ100mini

私の一番伝えたいことは製造方法・高度抽出方法のこだわり

プラセンタエキス原液から余分な水分と不純物を取り除いて、50倍に濃縮した
濃度100%の原粉末にしています。

酵素分解法という優れた抽出方法で、原料から有用成分を高濃度で抽出しています。
ほとんどの場合は成長因子のEGF・FGFなどは精製過程で失われてしまいますが、
プラセンタ100はこれらを残したまま製品化することが出来ています。

酵素分解法という抽出方法は他のメーカーもやっているのですが、
プラセンタ 100 は、冷凍乾燥してから、酵素分解、粒子細分化をしています。

製造工程で空気中の水分を吸ってしまうのを防ぐため、よく食品や製品にデキストリンを入れるのですが、デキストリンのような添加物は入れずに冷凍乾燥技術で、水分を防いでいます。

※デキストリンは
デンプンを化学的、あるいは酵素的な方法により低分子化したものの総称で、
デンプンとマルトース(麦芽糖)の中間にあたります。水溶性で容易に消化、吸収されます。
製品で色素や香料等を均一化するために利用されています。

粒子の微細化は吸収力を高めるためのものです。

馬の方がアミノ酸量が多いのでは?の疑問について

豚プラセンタメーカーとしては、馬と豚のアミノ酸量については
296倍もの差はない、大きな差はない、という見解でした。

馬と同等だと考えると、プラセンタ 100 のアミノ酸の量は、羊には負けますが
すごい量入ってますよね。トップページのランキングは、馬のアミノ酸量を豚の
296倍という通説に従って計算した結果を元にしているんですが、馬=豚の見解だと
一気にプラセンタ100のコストパフォーマンスが1位になります。

この見解を信じて試してみる価値はありそうです。何しろ実証してる方がテレビに出てるので・・。

プラセンタ 100 成分もご参照下さい。

サプリメントについては、本サイトのプラセンタ人気ランキングにてランキング形式でご案内していますので、ご参照下さい。




R&Y


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website